株式会社IHIスター

稲わら・牧草梱包作業前のロールベーラ点検整備のお願い

日常点検・整備の手引き

対象機種

芯巻カッティングロールベーラ、小型ロールベーラ、小型カッティングロールベーラ、中型ロールベーラ、中型カッティングロールベーラ、中型ベーララッパ、クローラロールベーラ、クローラカッティングロールベーラ、大型ロールベーラ、大型カッティングロールベーラ、自走ロールベーラ、自走カッティングロールベーラ、大型自走ロールベーラ、コンビネーションベーラ

日常点検・整備のポイント

機械をより安全・安心にお使いただくため、「添付1:点検個所」については「添付2:点検方法」に従い、確実に点検・整備するようお願いします。

(1)清掃

作業後または作業開始前に、駆動部周辺のわらや牧草のくずをきれいに取り除いてください。 駆動部にわらなどが巻きつくとベアリングが早期に破損し、過熱する恐れがあります。

(2)駆動部の点検

駆動部が破損した状態で運転すると発熱し、わらや牧草のくずに引火して、火災が発生する恐れがあります。 特に、スプロケットと隣接しているベアリングの目視による確認、カラ運転による異音確認を、 作業開始前に確実に実施してください。 それ以外の駆動部についても、定期的に点検するようお願いいたします。 また、1年に1回は販売店、JAによる点検を受けるようにしてください。

(3)給油・給脂

回転部および可動部の給油、給脂が不足していると、チェーン、スプロケット、ギヤが早期に摩耗し、破損する恐れがあります。 定期的に適量が給油、給脂されていることを確認してください。

集中給油装置付きの機種では、給油装置の不調で、給油されていない箇所があると、 発熱・破損が起きることがあります。 作業開始前に、給油オイルタンクの油量が適量であること、適量が給油されていることを確認してください。


なお、万が一、異音や異常発熱があった場合は、ただちに作業を停止して、お買い求めの販売店、JAにご連絡ください。

ロールベーラ
日常点検・整備の手引き
添付1
点検箇所
(芯巻カッティングロールベーラの場合)
添付2
点検方法
(芯巻カッティングロールベーラの場合)