ニュース一覧 <2007−No.2>

◆平成18年度畜産大賞のお知らせ(2007.2.5)
平成19年2月5日(月)、東京・虎ノ門パストラルにて平成18年度畜産大賞の業績発表・表彰式が開かれました。
畜産大賞・研究開発部門の最優秀賞に、生物系特定産業技術研究支援センター・細断型ロールベーラ研究開発グループ(代表:生物系特定産業技術研究支援センター・畜産工学研究部 道宗直昭部長)が研究開発を行った「細断型ロールベーラの開発と高品質コーンサイレージの調製技術」が選ばれましたことを報告します。
弊社も実用化推進チームの一員として、名を連ねております。
デントコーン等長大型作物の作付面積が減少する中で、それをロールベールにしてラップサイレージ化を行うことが可能となりました。本技術を導入するメリットとしては、第一に労働の軽減と効率化が、第二に高品質なコーンサイレージの確保が可能なことが挙げられます。
わが国の畜産を変える大きな原動力≠ニして、今後も更なる普及の期待が寄せられています。

 
閉じる

Copyright (C) 2003 IHI STAR Machinery Corporation. All Right Reserved.