溝掘り機,FAMH15シリーズ

サブソイラ,FASB2シリーズ
水田の表面にたまった水を排水するために、水田表面に溝を作る「溝掘り機」

トラクターの重さでできた硬盤層を破砕して、水の通り道を作る「サブソイラ」
FAMH15,溝掘り機
FASB2,サブソイラ
低馬力トラクターで使用可能な土関係作業機が登場しました。日農工Sヒッチにも対応しています。
      ・溝掘り機,FAMH15シリーズ
      ・サブソイラ,FASB2シリーズ
溝掘り機
FAMH15シリーズの
特長
A)18〜30馬力の低馬力トラクターでも作業することができます。3P直装タイプの「FAMH15」の他、日農工Sヒッチに対応した「FAMH15-0S」も用意しました。
B)2つのコールタで、幅15pの溝を切ります。それから、ボトムによって溝を掘り上げます。そうすることによって、水田表面の余分な水分を排出し、土を乾かして地温を上昇させます。
C)ボトムはラチェットによって、70pオフセットすることができます。
D)格納庫内の移動時やトラクターとのマッチング時に便利なキャスタースタンド標準装備。
サブソイラ
FASB2シリーズの
特長
A)20〜30馬力の低馬力トラクターでも作業ができる!3P直装タイプのFASB2の他、日農工Sヒッチに対応した「FASB2-0S」も用意しました。
B)2本のナイフで、硬盤層を破砕して、保水性と透水性に優れた土壌を作ります。ナイフの取り付け間隔を70〜140pに自由に変更が可能。土壌が乾燥した場合は地下から必要な水分を吸い上げて、水分過多となった場合は余分な水分を地下へと排出します。
C)チゼル後部には、ウィング(羽根)を標準装備しました。簡易暗渠を作りたい場合は、ウィングを外してφ75oまたはφ90oの弾丸をオプションで装着してやります。
D)格納庫内の移動時やトラクターとのマッチング時に便利なキャスタースタンド標準装備。
詳しい仕様はカタログをご覧ください。
溝掘り機,FAMH15シリーズ・カタログ 

サブソイラ,FASB2シリーズ・カタログ 
.
プライバシーの考え方
Copyright (C) 2003 IHI STAR Machinery Corporation. All Right Reserved.